第6回公募申請受付募集中!

公募締切:
2023117 日(火)17:00 まで

当社問合せ締切:
20231025 日(水)17:00 まで

\ ホームページ限定 /

ホームページ経由でのご依頼限定オファー

着手金:20万円
⇒  10 万円

どのような経費が対象になるのかが知りたい

助成事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

こんなお悩みありませんか?

  • 他支援機関に依頼をして3回申請したが採択されない。原因分析と再申請の支援を信頼できる会社に依頼したい。
  • 採択後も報告手続きが大変と聞いている。そこまで含めた支援をお願いしたい。
  • 締め切りまで2週間を切っており、どこの支援機関からも受け付けてもらえない。
  • 他支援機関に依頼をしたら事業が適切ではないと断られてしまった。採択されるために事業の方向性をどのように見直すべきかのアドバイスが欲しい。
  • メールが苦手なのですべてLINEでのやり取りにさせて欲しい。
  • 新規事業の検討を開始したばかりであり曖昧な部分も多いが、一緒に考えてもらいながら申請書作成まで支援をして欲しい
  • 平日日中は忙しいので夜間、週末を中心にヒアリングをして欲しい
  • 遠方からの依頼になるがリモートで支援して欲しい
  • 当社新規事業の整合性が判断できない。要件を満たすことができそうかアドバイスをして欲しい。
お悩み

事業者様ご自身で申請するケース

ご自身で申請する場合、事業計画書の作成には「100時間以上」必要です
通常業務を回しながらの申請は、大変負荷が大きいものになります。具体的には、以下3点の作業が発生します。

大変な事務作業

1. 申請書類のとりまとめ

事業計画書や決算書をはじめとする14種類の書類提出が発生します。
申請枠、助成金額により用意すべき書類が異なり、どの書類を準備すれば良いのかの判断も困難です。申請時の書類不備により、苦労して作成した事業計画が審査までたどり着けなかったといったケースも散見されています。

2. 申請要件の理解

本助成金は複数の公募枠が設定されており、事業者自身がどの公募枠で申請可能か、判断が困難です
また、複数の枠で要件を満たす場合においてもどちらの枠を選択するか、判断次第で大きく結果が異なることも珍しくなく専門家を交えて慎重に申請枠を特定していくことをお勧めします。

3. 事業計画書の策定

本助成金の申請で最も時間を要する作業が「事業計画書の策定」です。
最大10ページの事業計画書を策定、提出します。
事業計画書は、要件を満たしつつ、かつ審査員に理解されやすい内容とする必要があるため、事業計画書の品質の確保も課題となります。

当社支援事例

目まぐるしく変わる募集要項

助成金申請に係る公募要領は、公募回ごとにアップデートされています。
また、公募期間中であっても更新される場合があり、各公募回で1回程度、公募要領が更新される傾向があります
申請要件の変更や、経費として認められない設備の追加など、ご自身の申請に大きく影響する変更も多々発生するため、常に最新情報をキャッチアップしておく必要があります

どのような経費が対象になるのかが知りたい

助成事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

YKフューチャーコンサルティングの
「フル」申請支援サービス

01

「採択可能性」と「事業の成功確率」を最大化

申請書・事業計画書作成のためのヒアリングやライティング作業はもちろん、新規事業の検討を開始したばかりで計画上曖昧な部分が残る場合も、採択可能性と事業の成功確率を最大限高める方法を提案いたします。

02

交付申請・実績報告まで「フル」サポート

ほかの支援機関では、サポート内容が助成金申請のみに限定され、採択後の実績報告は事業者様自身で実施しなければならないケースが多いです。当社は交付申請・実績報告まで支援させて頂きます。

03

「プロにまかせて」事業成長に集中

当社では助成金が入金されるまでに必要な手続きを一気通貫でサポートさせていただくため、事業者様は助成金の申請にかかる事務作業に追われることなく、事業活動に注力いただくことが可能です。

当社の「フル」申請支援
サービスサポート内容

① 申請書(事業計画書等)作成のためのヒアリング

② 事業者様の状況に応じた最適な事業類型(申請枠)の提案

③ 申請書(事業計画書等)のライティング支援

④ 申請作業のサポート

⑤ 交付申請のフォロー

⑥ 実績報告のフォロー

⑦ その他助成金申請についてのご質問対応

*助成事業の企画立案の骨子はあらかじめご用意いただき、当社では既存の計画のブラッシュアップからの支援を実施いたします。

「圧倒的な採択率=90%超」の理由

当社の補助金・助成金支援の採択率は、国内トップクラスの90%超です。
全国平均を大きく上回る圧倒的な高採択率となっています。

01

申請書のライティング支援はすべて「中小企業診断士」が担当

中小企業診断士は、中小企業に対して経営支援を行う国が認めた唯一の「経営コンサルティング」の国家資格です。
事業計画の策定や補助金/助成金申請は中小企業診断士のコア業務です。
「補助金/助成金申請のプロフェッショナル」といえる中小企業診断士は、例えば事業再構築補助金の平均採択率が他士業と比較して圧倒的に高いのが特徴です。
税理士(38.0%)、公認会計士(44.9%)、行政書士(43.0%)、中小企業診断士(55.3%)(出典:「事業再構築補助金第7回公募の結果について」)

そのような、中小企業の経営に関する知見が豊富で、かつ補助金/助成金採択における高い結果も出している中小企業診断士が当社には60名以上在籍し、申請書のライティング支援を担当しております。

認定支援機関別応募・採択状況

02

60名以上在籍しているから可能!「2人以上」の診断士によるクロスチェック体制

他の支援機関様(特に個人の士業事務所など)では、多くの案件を効率的に処理するために1名体制での支援が行われることが多く、審査項目の取りこぼしが発生し、結果として不採択に繋がってしまいます
当社はこのような状況はあってはならないと考えており、常に2名以上の中小企業診断士を配置しております。
審査項目が網羅されているか、申請書のストーリーが分かりやすく整理されているかなど、複数のメンバーでクロスチェックし、プロの知見を総動員して事業計画書の品質を最大限に高めます。
これは60名以上の中小企業診断士が在籍している当社だからこそ実行可能な体制です。

クロスチェック

03

助成金・補助金申請における圧倒的な実績数

圧倒的な実績

当社は、累計300件以上の助成金や補助金の採択実績があります。また、他支援機関で連続して不採択となった案件を採択に導いたケースも珍しくありません。
また、本助成金以外に、事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金など、採択難易度の高い補助金の採択実績が多くございます。
そのような過去の豊富な採択経験から、採択に必要となる要素や勝ちパターンを分析し、次の申請に活用しているため、継続的な申請書の品質向上を実現しています。

04

審査経験を有する弊社コンサルタントが「本番」さながらのレビューを実施し、申請書の品質を最大化

当社は補助金や助成金審査員の経験のあるメンバーも多数在籍しております。
審査員の視点を熟知している当社だからこそ、重要重要な審査項目を網羅した品質の高い事業計画書・申請書の作成が可能です。

レビュー

05

認定経営革新等支援機関に登録

中小企業庁ロゴ
経済産業省ロゴ

当社は、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行うことができる「認定経営革新等支援機関」として政府より認定を受けております。
助成金支援業者は多くありますが、中にはサポートの品質が低く、高額な手数料を請求する悪質な業者も存在します。
認定支援機関の当社であれば、そのような心配をすることなく、安心してご依頼いただくことが可能です。
また認定支援機関には助成金の最新情報が政府から随時共有されるため、最新の動向を踏まえた助成金申請のサポートをご提供可能です。

YKフューチャーコンサルティングを
ご利用いただくメリット

01

申請書ライティング支援~採択後まで手厚くサポート!
計100時間以上の作業時間を削減し、事業活動に集中できる

事業者様自身が事業計画書・申請書を作成する場合、完成までに100時間を超える時間がかかることが想定されます
採択後の実績報告も、実施した事業の内容・効果、費目ごとの経費使用実績などをまとめる必要があり、すべて合計すると追加で10~30時間程度の作業時間が発生します
事務局からは作業のための要領やマニュアル等も提供されますが、必ずしも全ての事業者が確認する必要のない膨大な情報が含まれており、その情報を過不足なくキャッチしてポイントを網羅した申請書を作成したり、不備のない申請を行うことは、かなり骨の折れる作業です
また、他の支援機関では、申請書の作成・申請作業に限定したサポートであることが多いですが、当社は意外と時間のかかる採択後の実績報告のサポートまで標準サービスに含んでおります(様式作成は事業者自身で作成いただきます)
助成金申請のプロフェッショナルにこれらの面倒な申請作業を一気通貫の支援を受けることで、プロの知見を凝縮した品質の高い申請書の作成・申請作業の実施が可能となるのはもちろん、事業者様は、申請作業の委託で浮いた100時間以上を、本業である事業活動に集中できるのです。

時間削減

02

万が一、不採択でも着手金無料で再申請チャレンジ!

再チャレンジ可能

当社の採択率は90%超と非常に高く、一発で採択がされるよう全力でサポートをさせていただきますが、制度の性格上、100%の採択は難しいです
万が一、当社にご依頼いただき不採択となってしまった場合、申請書を無料でブラッシュアップし、次回申請に再チャレンジいただくことが可能です。(再チャレンジは1回まで無料)

お受けできないケース

誠に申し訳ございませんが、下記に該当する事業者様・案件はお受けできません。

  • 完全な丸投げを希望される事業者様(ヒアリングや質問対応、公募要領の閲読などの時間はどうしても発生してしまいます。ゼロから事業のアイデアをご提案するものでもありません)。
  • 公序良俗に反する、違法の可能性がある事業、または当社がそのように判断をした事業。
  • 「人件費」「外注費」「広告宣伝費」のみを経費対象とするお問い合わせ(制度上、「人件費」「外注費」「広告宣伝費」のみを経費対象にすることが出来ないため)。
  • 役員、従業員のどなたもパソコンの操作ができない事業者様。
  • 税理士、発注先、商工会議所など関連事業者とのコミュニケーションをとっていただくことが難しい事業者様(機密情報管理などの事情により当社では窓口対応ができかねますのでご申請者にご対応をお願いしております)。
  • 助成事業に係る投資資金、当社支援料のお支払いにおいて資金繰りが困難な方(助成金は後払いとなります。ご不安な場合は資金繰り対策のご相談に応じています)。
  • 採択事業者の過半数以上の株を保有する代表者が、申請事業者の株の過半数を保有している場合。
  • 国や東京都が助成する 他の制度(助成金、委託費、公的医療保険・介護保険からの診療報酬・介護報酬、固定価格 買取制度等)と同一又は類似内容の事業。
  • 不動産賃貸、駐車場経営、暗号資産のマイニング等、専ら資産運用的性格の強い事業。

どのような経費が対象になるのかが知りたい

助成事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

料金

初回相談(zoom)

無 料

基本プラン

着手金:10万円(HP限定ディスカウント)

成功報酬:助成金額の 10
(最低額200万円)

ほかの支援機関との違いは?

着手金・採択時報酬のみをみれば、他支援機関様と比べて大した差はありません。
しかし、「90%超の高採択率を誇るサービス品質」ならびに「交付申請」「実績報告」を含むアフターサポートを考慮すると、当社サービスのコストパフォーマンスが圧倒的であることがお分かりいただけるかと思います

コンサルタントのご紹介

当社には60名を超える中小企業診断士のコンサルタントが在籍しています。コンサルタントの経歴をご紹介します。

代表  河村裕司 
Yuji Kawamura

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録 415177号)
  • 認定経営革新等支援機関(経済産業大臣登録 106013003)
  • TOEIC 915点

【プロフィール】
1978年生まれ、山口県防府市出身。前職の大手楽器メーカーでは新市場およびニッチ市場をターゲットとした新規事業を数多く手がけ、グローバル市場向けに150以上のプロダクトを発信してきた。ゼロからイチのものづくりやサービスローンチの豊富な経験を活かして現在は、経営顧問として楽器音響機器メーカー、住宅メーカー、ITベンダーの新規事業やイノベーション創出を支援する。事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金、躍進的な事業推進のための設備投資支援事業など、補助金・助成金の審査・申請や事業計画策定の経験も豊富であり、当社で取り扱うすべての案件の管理監督も行う。

代表 河村裕司

渥美研司 
Kenji Atsumi

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録422929号)
  • 総合旅行業務取扱管理者

【プロフィール】
旅行会社に入社し8年間法人営業を経験した後、同社内シンクタンクにて、調査・コンサルティング業務に従事。また、通常業務に加えて、投資戦略策定やSDGs導入など多数の社内外プロジェクトにも携わり、幅広いノウハウを蓄積。2022年中小企業診断士に登録し、補助金・助成金支援を中心に活動を行っている。専門分野は観光関連産業全般。

トップコンサルタント 渥美研司

田嶋敦 
Atsushi Tajima

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録415896号)
  • 情報処理技術者(ITストラテジスト)
  • 情報処理技術者(Iネットワークスペシャリスト)
  • 情報セキュリティ管理士

【プロフィール】
大手通信会社にて、大企業から中堅中小企業までシステム構築・運用に関わるプロジェクトマネージャーや組織責任者を歴任。その他、経営企画、人事など幅広い業務を担当した経験を有する。その後、中小企業診断士として独立し、小規模から中堅企業の経営計画、成長戦略策定、現場マネジメント改善、補助金・助成金を活用した改善など、幅広い企業支援を行っている。DX推進、情報セキュリティ対策などITを活用した経営力強化に強みを持つ。

トップコンサルタント 田嶋敦

山口晋 
Shin Yamaguchi

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録420415号)
  • 宅地建物取引士
  • 管理業務主任

【プロフィール】
不動産業界で18年間、不動産売買仲介営業、不動産管理運営を経験した後、2022年より中小企業診断士として独立。主に、補助金・助成金申請支援の業務を実施し、不動産業、建設業、飲食業といった職務経験が生かせる業界を得意とする。中小企業診断士試験講師として、受験生指導もしている。長野県上田市出身。

トップコンサルタント 山口晋

ご支援の流れ

初回は相談無料・事業計画書の作成~実績報告までワンストップで対応させていただきます!(全国・オンライン対応可能です)

お問い合わせ

本助成金の申請について、何でもお気軽にご相談ください。
問い合わせフォーム・チャット・電話いずれも受け付けております。初回のご相談は無料です。
※チャット/電話の受付時間:月-金 9:00-18:00

ご面談(zoom)

ご面談は、原則オンライン(Zoom)で対応させていただきます。全国対応可能です。希望される場合、チャットでのご相談も可能です。
ご面談の際に、貴社の事業環境・新規事業の内容や購入予定の設備などをお伺いさせていただきます。
事前に以下をご用意ください。

事前にご検討・ご用意頂くもの(可能な範囲で構いません)

  • 事業内容の簡単な説明
  • 経費の内容(購入物および概算金額)
    zoom面談の様子

契約

貴社の新規事業の内容が「躍進的な事業推進のための設備投資支援事業」の要件に合っているか、通過可能性も含めてお伝えさせていただきます。
当社からの提案/サポート内容についてご納得いただいた場合、ご契約いただきます。電子契約(Docusign)も可能です。

着手金のご入金

ご契約が完了したら、着手金をご入金いただきます。

事業計画書の作成および提出

オンライン会議にて当社コンサルタント(中小企業診断士)がヒアリングを実施します。
ヒアリングの回数は2時間×2-4回程度を実施し、ご回答内容に基づき審査項目を網羅した事業計画書(申請書)の作成をご支援します。
申請書のストーリーが分かりやすいか・審査項目に漏れがないか・加点項目を追加できないかなど、
複数のメンバーで徹底的にチェックを行い、ブラッシュアップをしてから事務局に申請いたします。

採択発表&交付申請

採択結果がインターネット上で発表され、貴社にも通知が発送されます。
採択された場合、交付申請~実績報告まで引き続きワンストップでサポートさせていただきます。
この段階で、成功報酬として料金をご請求させていただきます。
※万が一不採択の場合、申請書を無料でブラッシュアップし、次回申請に無料で再チャレンジ可能です(再チャレンジは1回まで無料)
採択後は、交付額決定のための交付申請に必要な申請書の作成をサポートいたします。

事業開始

交付決定後より助成事業の開始(機器等の発注)が可能です。
助成事業の実施期間は交付決定日の翌月1日から1年6ヶ月間です。

実績報告

助成事業の完了後は、実績報告が必要です。
実施した事業の内容・効果、費目ごとの経費使用実績などを所定の書式で助成金事務局へ報告します。
その際、事務局から作業の手引きが共有されますが、細かい規定などが多くありご自身で読み解くのは骨の折れる作業です。
担当コンサルタントが分かりやすく説明します。

どのような経費が対象になるのかが知りたい

助成事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

柔軟なコミュニケーション方法

当社では事業者様のご事情に応じてテキストコミュニケーションツールを柔軟に対応しております。

  • LINE
  • Facebookメッセンジャー
  • チャットワーク
  • Slack
  • メール
LINEでのやりとりイメージ
LINEでのやりとりイメージ

面談前にご準備いただきたいこと

ご面談の際に、貴社の事業環境・新規事業の内容や購入予定の設備などをお伺いさせていただきます。事前に以下をご用意ください。

  • 事業内容の簡単な説明
  • 経費の内容(購入物および概算金額)

よくあるご質問

完全な丸投げはできません。事業計画書のライティング等の重たい実作業は当社コンサルタントが担当させて頂きますが、予め事業内容をご検討された上で会社状況等のヒアリングや質問にはご対応頂かなければなりません。また、公募要領の閲読も一定程度行って頂く必要があります。

ヒアリングへのご対応や資料レビューのため10時間前後を見ておいて頂ければ幸いです。

可能です。不採択となった要因分析をさせて頂いた上で、事業計画を当社にてブラッシュアップし、実際に採択された案件が複数ございます。

\ ホームページ限定 /

ホームページ経由でのご依頼限定オファー

着手金:20万円
⇒  10 万円

無料zoom相談はこちら

本問い合わせ前のチャット相談もお気軽にどうぞ!
簡単なご相談がございましたら右下のチャットボックスからお気軽にご連絡ください。

*は必須項目です

    プライバシーポリシーに同意する