どのようなツールが対象になるのかが知りたい

補助事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

こんなお悩みありませんか?

  • 補助金を活用して自社ツールの売上を増加させたいが、自社ツールが要件に該当するのかが分からない。
  • 補助金を活用したいが詳しい担当者がいない
  • 自社ツールの認知度向上や販売促進のサポートをしてほしい
  • 採択されるレベルの計画書をどのように作成すべきかアドバイスが欲しい
  • 平日日中は忙しいので夜間、週末を中心にヒアリングをして欲しい
  • 遠方からの依頼になるがリモートで支援して欲しい
お悩み

こんな方におすすめ

  • 自社のITツールの認知度・売上を向上させたい方
  • パッケージソフトを販売している方(IT導入補助金ではスクラッチ開発を含むソフトウェアは補助対象外です)
  • 特にインボイス対応ができる会計・受発注・決済ソフトの製品をお持ちの方(2024年からインボイス枠が追加となり、最大350万円の補助金が獲得可能です)
  • 自社ITツールの潜在顧客に対して補助金の活用を提案したいが、自社では申請支援のリソースが確保できない方

IT導入補助金とは

  • IT導入補助金とは、業務の効率化やDXの推進等に向けたITツール等の導入費用を支援する制度です。
  • 2024年からは、インボイス制度に対応するための会計・受発注・決済ソフト等への支援が手厚くなっています。
  • IT導入支援事業者(ベンダー)様は、支援事業者として本補助金に認定されることで、ユーザー様が補助金を活用して少ない自己負担でのツール導入が可能となり、自社ツールの売上増加が期待できます。

YKフューチャーコンサルティングの
「フル」申請支援サービス

IT導入補助金2024における支援事業者・ITツールの登録、貴社ツールの導入を検討しているエンドユーザー様を主体とする補助金申請などIT導入補助金の「フル」申請サポートをさせていただきます。

また、希望される場合には補助金申請だけではなく、貴社ツールの販売促進・マーケティング支援のコンサルティングも可能です。

当社の「フル」申請支援
サービスサポート内容

① 支援事業者登録

② ITツール登録

③ IT導入支援事業者(ベンダー)様およびユーザー様への事業内容ヒアリング

④ 申請書(事業計画書)のライティング支援

⑤ 申請作業のサポート

⑥ 補助事業に関する重要事項の随時ご案内

⑦ 案件管理プラットフォームの作成

⑧ その他補助金申請についてのご質問対応

⑨ 御社主催の補助金活用セミナーへの代表河村の無料登壇(ご希望の場合)

⑩ 販売促進・マーケティング支援(戦略策定、メディア選定、LP制作、広告運用:有料オプション)

*当社の支援形態はIT導入支援事業者(ベンダー)様・エンドユーザー様向けともに、オンライン(Zoom・LINE・メール等)が基本となります

YKフューチャーコンサルティングが選ばれる理由

当社の補助金支援の採択率は、国内トップクラスの90%超です。
全国平均を大きく上回る圧倒的な高採択率となっています。

01

申請書のライティング支援はすべて「中小企業診断士」が担当

中小企業診断士は、中小企業に対して経営支援を行う国が認めた唯一の「経営コンサルティング」の国家資格です。
事業計画の策定や補助金申請は中小企業診断士のコア業務です。
そのような、中小企業の経営に関する知見が豊富で、補助金採択における高い結果も出している中小企業診断士が当社には60名以上在籍し、申請書のライティング支援を担当しております。

02

60名以上在籍しているから可能!「2人以上」の診断士によるクロスチェック体制

他の支援機関様(特に個人の士業事務所など)では、多くの案件を効率的に処理するために1名体制での支援が行われることが多く、審査項目の取りこぼしが発生し、結果として不採択に繋がってしまいます
当社はこのような状況はあってはならないと考えており、常に2名以上の中小企業診断士を配置しております。
審査項目が網羅されているか、申請書のストーリーが分かりやすく整理されているかなど、複数のメンバーでクロスチェックし、プロの知見を総動員して事業計画書の品質を最大限に高めます。
これは60名以上の中小企業診断士が在籍している当社だからこそ実行可能な体制です。

クロスチェック

03

補助金申請における圧倒的な実績数

圧倒的な実績

IT導入補助金2023の平均採択率は74%程度ですが、当社の累計採択率は91%であり、申請件数も合計355件となっております。
また、IT導入補助金以外に、事業再構築補助金(36件)・ものづくり補助金(24件)など、採択難易度の高い補助金の採択実績も多くございます。
事業内容やニーズに応じて、これらの補助金への切り替え・併用のご提案も可能です。

04

認定経営革新等支援機関に登録

当社は、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行うことができる「認定経営革新等支援機関」として政府より認定を受けております。
補助金支援業者は多くありますが、中にはサポートの品質が低く、高額な手数料を請求する悪質な業者も存在します。
認定支援機関の当社であれば、そのような心配をすることなく、安心してご依頼いただくことが可能です。
また認定支援機関には補助金の最新情報が政府から随時共有されるため、最新の動向を踏まえた補助金申請のサポートをご提供可能です。

中小企業庁ロゴ
経済産業省ロゴ

05

万が一、不採択でも着手金無料で再申請チャレンジ!

当社の採択率は91%と非常に高く、一発で採択がされるよう全力でサポートをさせていただきますが、制度の性格上、100%の採択は難しいです。
万が一、当社にご依頼いただき不採択となってしまった場合、申請書を無料でブラッシュアップし、次回申請に再チャレンジいただくことが可能です。(再チャレンジは3回まで無料)

06

補助金申請だけではなく、マーケティング支援も可能

IT導入補助金に支援事業者/ITツール登録がされることで、一定の認知度・権威性の向上は期待できますが、ツールの販売促進・売上最大化のためには、適切なマーケティング戦略の策定や実行が不可欠です。
当社は、マーケティングの支援実績が豊富な松尾知明氏をチーフマーケティングオフィサー(CMO)として迎えており、認定ツールの売上最大化のご相談や実行支援も可能です。(オプション対応) 初回無料相談も承っていますのでお気軽にご利用ください。

どのようなツールが対象になるのかが知りたい

補助事業の要件を満たしているかをサクっと知りたい

 

このような状況でお悩みの方もお気軽にお問い合わせください

 

⬇︎

\30秒でカンタン完了!!/

無料相談をして頂いたとしても
弊社にご依頼いただく必要はありません

料金

初回相談(zoom)

無 料

基本プラン

着手金:無料

認定時の成功報酬: 10 万円(ITツールは5件まで登録OK)

不採択時の着手金無料の再チャレンジあり3回まで無料

※エンドユーザー様向けの補助金申請サポートは着手金:5万円、成功報酬:補助金申請額の10%(最低10万円)で対応させていただきます(エンドユーザー様にご負担頂く金額であり、IT導入支援事業者(ベンダー)様による負担はありません)
なお、年度内に30件以上の大規模申請の場合は特別料金で実施させていただきます。(別途お見積)
※支援事業者&ITツール登録は単独ではご利用いただけません。以降のエンドユーザー様向けの申請書作成支援のご依頼と合わせてご利用いただけます。

コンサルタントのご紹介

当社には60名を超える中小企業診断士のコンサルタントが在籍しています。コンサルタントの経歴をご紹介します。

代表  河村裕司 
Yuji Kawamura

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録 415177号)
  • 認定経営革新等支援機関(経済産業大臣登録 106013003)
  • TOEIC 915点

【プロフィール】
1978年生まれ、山口県防府市出身。前職の大手楽器メーカーでは新市場およびニッチ市場をターゲットとした新規事業を数多く手がけ、グローバル市場向けに150以上のプロダクトを発信してきた。ゼロからイチのものづくりやサービスローンチの豊富な経験を活かして現在は、経営顧問として楽器音響機器メーカー、住宅メーカー、ITベンダーの新規事業やイノベーション創出を支援する。事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金、躍進的な事業推進のための設備投資支援事業など、補助金・助成金の審査・申請や事業計画策定の経験も豊富であり、当社で取り扱うすべての案件の管理監督も行う。

代表 河村裕司

CMO 松尾知明 
Tomoaki Matsuo

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録420937号)

【プロフィール】
新卒入社した大手総合エンジニアリングにて、海外プラントの操業コンサルティングや新規事業開発のPM業務を経験。2020年に中小企業診断士資格を取得し、経営コンサルタントとして中小企業やSaaS事業者の経営改善、デジタルマーケティング伴走支援業務に従事。クライアントの組織・財務状況や事業フェーズを考慮した地に足の着いた提案に強みを持つ。集客の出島 代表コンサルタント、中小企業診断士在籍数130名のデジタルマーケティング研究会(デジタルマーケティングラボ)の代表としても活動中。

渥美研司 
Kenji Atsumi

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録422929号)
  • 総合旅行業務取扱管理者

【プロフィール】
旅行会社に入社し8年間法人営業を経験した後、同社内シンクタンクにて、調査・コンサルティング業務に従事。また、通常業務に加えて、投資戦略策定やSDGs導入など多数の社内外プロジェクトにも携わり、幅広いノウハウを蓄積。2022年中小企業診断士に登録し、補助金・助成金支援を中心に活動を行っている。専門分野は観光関連産業全般。

トップコンサルタント 渥美研司

田嶋敦 
Atsushi Tajima

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録415896号)
  • 情報処理技術者(ITストラテジスト)
  • 情報処理技術者(Iネットワークスペシャリスト)
  • 情報セキュリティ管理士

【プロフィール】
大手通信会社にて、大企業から中堅中小企業までシステム構築・運用に関わるプロジェクトマネージャーや組織責任者を歴任。その他、経営企画、人事など幅広い業務を担当した経験を有する。その後、中小企業診断士として独立し、小規模から中堅企業の経営計画、成長戦略策定、現場マネジメント改善、補助金・助成金を活用した改善など、幅広い企業支援を行っている。DX推進、情報セキュリティ対策などITを活用した経営力強化に強みを持つ。

トップコンサルタント 田嶋敦

山口晋 
Shin Yamaguchi

  • 中小企業診断士(経済産業大臣登録420415号)
  • 宅地建物取引士
  • 管理業務主任

【プロフィール】
不動産業界で18年間、不動産売買仲介営業、不動産管理運営を経験した後、2022年より中小企業診断士として独立。主に、補助金・助成金申請支援の業務を実施し、不動産業、建設業、飲食業といった職務経験が生かせる業界を得意とする。中小企業診断士試験講師として、受験生指導もしている。長野県上田市出身。

トップコンサルタント 山口晋

ご支援の流れ(支援事業者登録・ツール登録)

初回は相談無料・支援事業者/ITツール登録~IT導入補助金申請サポートまでワンストップで対応させていただきます!(全国・オンライン対応可能です)

お問い合わせ

IT導入補助金の申請について、何でもお気軽にご相談ください。
問い合わせフォーム・チャット・電話いずれも受け付けております。初回のご相談は無料です。
※チャット/電話の受付時間:月-金 9:00-18:00

ご面談(zoom)

ご面談は、原則オンライン(Zoom)で対応させていただきます。全国対応可能です。希望される場合、チャットでのご相談も可能です。
ご面談の際に、貴社の事業内容やITツールの内容などをお伺いさせていただきます。
zoom面談の様子

契約

貴社の新規事業の内容がIT導入補助金の要件に合っているか、認定可能性も含めてお伝えさせていただきます。
当社からの提案/サポート内容についてご納得いただいた場合、ご契約いただきます。電子契約(Docusign)も可能です。

支援事業者登録・ITツール登録

当社コンサルタントがITツールに関するヒアリングを実施します。
ヒアリングの回数は1時間×1~2回程度を実施し、ご回答内容に基づき、認定されるためのポイントを網羅した登録情報を整理し、申請を進めさせていただきます。

支援事業者・ツール登録の認定結果確認

ホームページで認定結果が発表されます。
認定されましたら、支援事業者・ツール登録料(10万円)を請求させていただきます

ご支援の流れ IT導入補助金申請支援 (エンドユーザー様向け)

IT導入補助金申請サポート

IT導入補助金の申請サポートを希望される場合、まずは着手金(5万円)をご入金いただきます。
認定されたITツールの導入を希望される事業者様に対して、事業内容をヒアリングさせていただきます。
ヒアリングの回数は1時間×1回程度を実施し、ご回答内容に基づき、認定されるためのポイントを網羅した事業計画書を整理し、申請を進めます。

採択発表・成功報酬ご入金

ホームページで認定結果が発表されます。 認定されましたら、採択報酬(補助金申請額の10%・最低10万円)を請求させていただきます。

万が一、不採択になった際は、申請書を無料でブラッシュアップし、次回申請に再チャレンジいただくことが可能です。(再チャレンジは3回まで無料)

よくあるご質問

事業者登録をする際には主に以下の情報が必要です。
【法人の場合】
・履歴事項全部証明書
・法人税の納税証明書その1orその2(税務署発行に限る)
【個人事業主の場合】
・本人確認資料 (運転免許証 or 運転経歴証明書 or 住民表)
・所得税の納税証明書その1orその2(税務署発行に限る)
・確定申告書
【法人・個人共通】
・ツールの機能、価格がわかる資料

可能ですが、注文の都度オーダーメイドでスクラッチ開発する形式のツールや単なるECサイトは登録できません。

申請枠により異なりますが、通常枠やインボイス枠のインボイス対応類型、および複数社連携IT導入枠では、導入関連費(導入コンサルティング、導入設定・マニュアル作成・導入研修、保守サポートに係る費用等)などの役務も補助対象になります。(自社の人件費は補助対象外です)

ベンダー登録は年度中いつでも受け付けています。交付申請はおよそ毎月実施されてるので、完了が早ければ早いほど補助金をたくさん活用できます。

登録完了までに2週間~1か月くらいかかります。

例えば、インボイス枠(電子取引類型)においては、インボイス制度に対応した受発注ソフトの補助額は最大350万円、補助率は中小企業向けが2/3となります。この場合、補助対象経費は最大525万円(350万円÷2/3)であり、このうち350万円(525万円×2/3)が補助されます。

無料zoom相談はこちら

本問い合わせ前のチャット相談もお気軽にどうぞ!
簡単なご相談がございましたら右下のチャットボックスからお気軽にご連絡ください。

*は必須項目です

    プライバシーポリシーに同意する