代表河村裕司の写真

代表取締役 河村 裕司

中小企業診断士、$プロダクトイノベーター、$補助金エキスパート。$
プライベートでは、妻と娘との3人で生活。
趣味はジョギング、海外旅行、音楽、自転車、登山など。特技はビリヤニ作り。

代表個人のHPはこちら

CAREER

経歴

1978年生まれ、山口県防府市出身。中央大学理工学部精密機械工学科卒業。

中小企業診断士、プロダクトイノベーター。

2002年に滞在先のロンドンから帰国後、大手電子楽器メーカーの株式会社コルグでグローバルチームを取り纏め、新市場およびニッチ市場をターゲットとした新規事業を数多く手がけてきました。思い立ったら越境までも一人で飛んでいくフットワークの軽さと地道かつ徹底的なエンドユーザーリサーチを武器に、グローバル市場向けに150以上のプロダクトを発信。開発したプロダクトは、MIPA AWARD(ドイツMusiksesse)やグッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞するなど、国内外で高く評価されてきました(実績は河村の個人ホームページで閲覧いただけます)。商品開発の過程では人、情報、モノ、金に関わる幅広い分野に携わってきた一方で、特にプロダクトマーケティング、プロダクトプランニングに対する豊富な経験と知識に基づき、セミナーや論文執筆などを通して外部に対しても精力的にノウハウを提供してきました。

経営者と接する機会が多かったので、経営に対する関心が徐々に高まり、自らも経営者となることを決意。2016年に中小企業診断士の資格を取得。その後は、事業会社の従業員でありつつクライアント様にとっては経営コンサルタント、というユニークなキャリアを歩んできました。経営コンサルタントとしての実績が蓄積されて高い評価をいただき始めた頃に、さらにクライアント様に支援の手を差し伸べたいとの思いから、2021年に(株)コルグを退職。同年、プロダクトイノベーション/経営コンサルティング オフィス YKフューチャーコンサルティングを創業。

現在は、製造業を中心とした事業者向けの新規事業立案、新商品・サービス開発やマーケティングに関するコンサルティングを従事するほか、セミナーやワークショップでの登壇、独立や副業の本格化を目指す中小企業診断士の指導および育成に加え、大学での学生向け講義など幅広い活動を展開し、未来を担う若手たちに対するノウハウの普及にも努めています。クライアント様に対しては、先生や指導者という意識ではなく、一緒になって苦楽を共にする、信頼できる伴走者であることを大切にしています。

事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金、先端設備等導入計画、経営力向上計画、小規模事業者持続化補助金、事業継続力強化計画などの審査・申請支援の経験も豊富であり、認定・採択実績も多数。

保有資格

所属・登録